エバープロテクトは・・・


エバープロテクトは、コンクリート構造物〔橋梁・高架橋・建築物等〕の長寿命化や耐久性の向上のため、劣化の予防及び維持保全、補修を目的に開発したけい酸塩系表面含浸工法です。コンクリートの表層部に含浸させて、コンクリート表層部に保護(改質)層を形成して、コンクリート構造物の劣化因子【水分・炭酸ガス・塩化物イオン・その他】の侵入・拡散を抑制することにより、長期耐久性を有するコンクリートにします。

 
 

エバープロテクトのメカニズム


コンクリートの表層部がほどよく乾燥した表面に、エバープロテクト(以下、)を満遍なく、低圧で散布または刷毛塗りして塗布します。

毛細管作用により、コンクリート内に存在する空隙にが浸透しと空隙中の水酸化カルシウム等とか反応して、反応ゲル《C-S-Hゲル》を形成します。

水分が吸収される際に、さらに空隙の内部へ未反応拡散することで、新たな反応ゲルを形成します。

時間の経過とともに空隙中に形成された反応ゲルは、厚み(深さ)をもつ改質層になります。

エバープロテクトは、表層部の空隙にミクロなコンクリートをつくります!!

 

 

 

コンクリート構造物の長寿命化


 
 

ライフサイクルコストの縮減・アセットマネージメントに貢献


エバープロテクトの特徴


コンクリート構造物への水の侵入抑制効果

 

①防水性効果により水の侵入抑制

②塩化物イオンの浸透・拡散抑制

③水密性が高いため酸素移動抑制

①防水性効果により水の侵入抑制

②二酸化炭素の侵入・溶解を抑制 

③水密性が高いため酸素移動抑制

①防水性効果により水の侵入抑制

②空隙径が小さいため水分の凍結を抑制

①防水性効果により水の侵入抑制

②遊離アルカリイオンを反応ゲルの

    効能作用により反応を抑制   

 

ひび割れ追従性

微細なひび割れ(一般に巾0.2mm程度)に対し、コンクリートに含浸しているエバープロテクトが新たな反応ゲルを形成してひび割れの空隙を小さくし閉塞します。

 

美観・景観性

コンクリート表面が緻密なため、埃・カビ・苔・藻等の汚れ要因を付着しがたくする効果があり、雨水等が洗い流します。コンクリート意匠を長期間にわたり保ちます。

 

施工性

●天候に左右されにくい。 ●作業効率が良いため短期間での施工が可能。 ●大規模な仮設備を必要としない。

 

環境・安全性

製品は、無機質(珪酸塩系)なため環境に悪影響を与えません。

 

無色透明、無臭、毒性なし・不燃性

 

エバープロテクトの施工工程


洗浄

洗浄

含浸材塗布状況

含浸材塗布状況

湿潤散水状況

湿潤散水状況

 
 
エバープロテクトの材料品質

名     称エバープロテクト
主  成  分けい酸ナトリウム・けい酸カリウム混合
材料製造業者または材料販売業者株式会社 エバープロテクト

 

 項 目 試験値 目標値
 水酸化カルシウムとの反応性 有 有
 感想固形分率 28% 25%以上
 種類 反応型 反応型けい酸塩系表面含浸材
 密度 1.22 1.20以上(et20℃)
 pH値 10.310以上(et20℃、1%溶液)
 色 無色透明 無色透明
 危険有害性 毒性なし・不燃性・無臭 ー

 

浸出試験 JWWAZ108

「水道用資機材-浸出試験方法」

施工後のコンクリートからも有害物質の検出なし


カタログ