エバーシャットは・・・


 エバーシャットは、コンクリート自体の緻密性をさらに高めることで、防水性・耐久性の向上ならびに、美観維持を目的として開発した
浸透性防水材です。

 コンクリートの表面に塗布し、コンクリート表面だけでなく内部まで含浸してエバーシャットの反応物質が空隙・細孔を充填し防水層を
形成することで、雨水・炭酸ガス等の侵入を抑制する機能を有するコンクリートにします。

 

エバーシャットの使用用途


自立式立体駐車場

建物外壁

擁壁・ドライエリア

配水池・各水槽

エバーシャットの特徴


◆コンクリート自体が防水性能の効果を発揮 ◆コンクリート構造物の劣化抑制効果(中性化・塩害・凍害) ◆コンクリート意匠の美観・景観の維持 ◆コンクリート表面の摩耗性の向上 ◆施工性が良いため、工期短縮に貢献(被覆系・塗膜系工法の1/3程度) ◆無臭・毒性なし・不稔性で安全な材料のため環境に優しい

 

エバーシャットのメカニズム


コンクリート表面にエバーシャットを散布または刷毛塗りをします。

②③毛細管作用によってコンクリート内部に存在する空隙や細隙にエバーシャットが浸透し、水酸化カルシウム等と反応してゲル化します。

④⑤コンクリートが乾燥することにより湿潤ゲルとなり、コンクリート内部の水分を蒸発させ、雨水等による湿潤と乾燥を繰り返します。

時間経過とともに、コンクリート内部で安定した構造の反応ゲルが、より水密(緻密)性を高め、防水性能を持った層を形成します。

     

エバーシャットの防水性


◆コンクリート構造物の劣化要因である水の侵入を抑制

   

カタログ